【生活できない?一人暮らしは無理?】障害者雇用の給料・手取り平均や年収を上げる方法を解説

自分の特性に合わせた配慮があるから、長く働ける障害者雇用。

とは言え、「障害者雇用は給料が安い」という噂もありますよね。

この記事を読んでいる人は、

  • 障害者雇用って給料安い?生活できない?
  • 給料を上げるには、どうすればいい?

という疑問や不安がありませんか?

いつまでも親に頼れないから、いつか一人暮らしをしたい…

障害者雇用で自立したい人にとっては、「長く働くこと」も「生活できる給料」も両方大切。

そこで、この記事では

  • 障害者雇用の給料はどのくらいか
  • 障害者雇用でも生活できる仕事を探すコツ
  • 障害があっても収入を増やすコツ

を発達障害当事者のjunが解説します。

この記事を書いている人/jun
ADHD・高機能自閉症を抱える50歳の主婦です。現在は、障害枠の事務職にて約5年間、継続して働けています。
発達障害の子供もおり、自身の障害や子育て経験をもとに、同じく障害を持つ人に役立つ記事をかければと思っています。

障害者雇用の給料や手取り平均はいくら?

平成30年の障害者白書によると、障害者雇用の平均月収は14万6千円

非正規雇用が多い障害者雇用の平均年収は、200万円以下の人も少なくありません。

日本の平均年収は461万円なので、障害者雇用の年収は、その半分以下になりますね。

障害者雇用の中でも精神・発達障害者は、身体障害者より給料が安い人が多いんです。

障害区分別の給料の平均額は、次の通りです。

障害区分 平均月収
身体障害者 21万5千円
知的障害者 11万7千円
精神障害者 12万5千円
発達障害者 12万7千円

障害者雇用の給料が低い理由は?

障害者雇用の給料が安い理由は、非正規雇用で単純作業が多いことが考えられます。

さらに精神・発達障害者は、勤続年数が短いことも給料の安さに影響していますよ。

害者雇用の中でも、精神・発達障害者の給料が安いのは、次の理由が考えられますね。

  • 雇用形態が正社員じゃない
  • 簡単な仕事が多い
  • 勤続年数が短い

雇用形態が正社員じゃない

正社員と非正規雇用で年収に差があるのは、障害者雇用でも同じです。

さらに、障害者雇用の勤務形態は、まだまだ非正規雇用が中心。

障害者雇用のハローワーク全求人のうち、

正社員の求人は、わずか約17%。

障害者雇用の給料が安いのは、正社員の求人が少ないことも大きな原因です。

さらに、精神・発達障害の人は、フルタイム勤務の割合が低いことも、給料の安さと関係がありますね。

障害区分別のフルタイムで働く人の割合は、次の通りです。

障害区分 フルタイム勤務の割合
身体障害者 79.8%
知的障害者 65.5%
精神障害者 47.2%
発達障害者 59.8%

 

簡単な仕事が多い

障害者雇用の求人で多い職種は、清掃、軽作業、事務補助など。

これらの職種は、障害者雇用でなくても給料は高くないですよね。

障害者雇用は、全体の7割近くが補助的な仕事で、給料が高い仕事が多い専門職の求人は少数派。

簡単な仕事が多く、専門職の求人が少ないことも、給料が安くなる原因ですね。

ハローワーク障害者求人 職種別割合

職種 全求人に占める割合
事務・事務補助 35%
清掃 13%
その他軽作業 12%
調理補助 8%
補助的な職種の合計 68.4%

参考:ハローワーク障害者求人 2021年12月23日現在 勤務地:東京都

勤続年数が短い

障害者雇用で配慮を求めても、精神・発達障害の人が職場に定着するのは、簡単ではありません。

障害者雇用の中でも、精神・発達障害者の給料が安いのは、勤続年数の短さも理由の一つです。

障害区分別の平均勤続年数は次の通りです。

障害区分 平均勤続年数
身体障害者 10年2ヵ月
知的障害者 7年5ヵ月
精神障害者 3年2ヵ月
発達障害者 3年4ヵ月

身体障害者の給料が高いのは、勤続年数の長いことも関連がありますね。

長く働けば昇給のチャンスも増えるので、その分給料が高くなるんです。

中小企業で働く人の割合が高い

一般的に、企業規模が大きくなれば、利益を上げやすいと言われます。

中小企業と比べて、大企業の給料が高い傾向があるのは、障害者雇用でも変わりません。

大企業中心と思われがちな障害者雇用ですが、実は中小企業で働く人が多いんですよ。

特に精神・発達障害の人は、中小企業で働く人の割合が高いことも、給料の安さと関係がありますね。

会社の規模と障害区分別の就業割合について、下の表にまとめてみました。

障害区分 従業員数5~29人 従業員数30~99人
身体障害者 37.0% 28.9%
知的障害者 45.4% 30.0%
精神障害者 70.5% 15.9%
発達障害者 58.5% 28.3%

参考URL:平成30年度障害者雇用実態調査  

障害者雇用で一人暮らしは可能?

生活費を節約すれば、障害者雇用でも一人暮らしは何とか出来ますよ。

ただ、結婚して子供が産まれたら、障害者雇用の給料だけで生活するのは大変です。

障害者雇用の給料は、「自分の面倒は自分で見られる」くらいの金額ですね。

高収入の仕事についても続かなければ意味がない

給料の高い仕事についても、居づらくなって転職を繰り返せば、いつか生活が立ち行かなくなります。

今度こそ辞めずに仕事を続けるには、障害に理解のある障害者雇用の方が安心です。

ただ、障害者雇用の求人は、一般枠より給料が安い仕事が多いのがネックですよね。

安月給でも安心して働ける障害者雇用か、退職のリスクがあっても高い給料を取るか、迷いますね。

障害者雇用の給料で一人暮らしをするなら、「安定」と「給料」どちらも譲れません。

安定した給料の貰える仕事に就くには?

障害者雇用の給料で生活するには、ある程度の収入と仕事の安定が欠かせません。

生活できる給料を手にするには、次の条件の障害者雇用を狙いましょう。

  • 大企業の障害者雇用を狙う
  • 障害者雇用の正社員で安定して働く

安定した会社の正社員になれば、障害者雇用の給料で一人暮らしも夢ではありませんよ。

大企業の障害者雇用を狙う

障害者雇用でも待遇が良い求人は、やはり大企業が目立ちます。

大企業の障害者雇用で働くメリットは、次の3つが考えられますね。

  • 障害に関係なく働きやすい
  • 大企業の方が給料高め
  • 障害に応じた仕事が出来る

障害に関係なく働きやすい

有給休暇や産休の取得など、福利厚生が整っている会社は、障害者雇用の人にとっても働きやすい会社。

長時間労働を強いられるなど、健常者でもツラい職場は、障害者が定着するにはハードルが高すぎます。

資金力が乏しい中小企業の中には、ブラックな働き方をせざる得ない会社もあります。

逆に、従業員が辞めない会社は、資金力のある大企業に多くみられますね。

障害者雇用も大企業の方が給料高め

男性の一般枠を対象とした参考例ですが

↓「生涯賃金は、中小企業で働く大卒より大企業で働く高卒のほうが高い」というデータがあります。
大学の学費が高騰を続ける2つの理由/PRESIDENT ONLINE

障害者雇用でも企業の規模と給料の関係は、ほぼ同じ

大企業と中小企業の生産性は、2倍の開きがあると言われます。

生産性の違いが、給料の額に現れているんですよね。

障害に応じた仕事が出来る

さらに 大企業は、多くの人が仕事を分担する仕組みが整っています。

大企業の中には、業務改善を通じて、障害者雇用にも応用できるノウハウを蓄えている会社もありますよ。

障害者雇用に応用できる大企業のノウハウとは

  • 作業分解の方法
  • 仕事のマニュアル化

などがありますね。

例えば、作業分解の方法は、障害に応じた「仕事の切り出し」にも活かせます。

マニュアル化された仕事は、手順を理解しやすいので、障害があっても仕事が出来るようになるんです。

 障害者雇用の正社員で安定して働く

ハローワークの障害者雇用で、正社員の募集は

全求人の20%に満たない狭き門

さらに、無料で出せるハローワークの求人は、資金力のない中小企業が少なくありません。

一方、転職エージェントを利用するのはお金がかかるので、求人の多くは大企業

大企業の正社員を狙うなら、転職エージェントを活用するのがおススメです。

障害者雇用の求人でも、ハローワークにはない強みがありますよ。

転職エージェントの強み

  • 大企業の求人が多い
  • 障害者雇用でも専門職の募集がある
  • 自分に合う仕事が見つかる
  • 正社員に登用された人の実績が分かる

自分に合う仕事が見つかる

転職エージェントに求人を出す会社は、多額の利用料を払っているので、採用のミスマッチは許されません。

ですから、転職エージェントの担当者は、応募する人と会社のマッチングには気を使います。

一口に精神障害と言っても、得意なことは人それぞれ。

たとえ障害者雇用でも、自分に合わない会社では定着できないのが精神・発達障害者ですよね。

そこで、専属の担当者がついて、その人の障害特性や希望条件を丁寧にヒアリングします

あなたの適性を見極めて、ぴったりの求人を紹介してくれますよ。

障害者雇用は「正社員登用実績」に注目!

フルタイム勤務でも、契約社員が多い障害者雇用。

正社員で働きたくても、障害者雇用の正社員で入社するのは、難しいですよね。

障害者雇用の正社員は、初めは契約社員で入社して、仕事に慣れた後で正社員に登用された人が少なくありません。

そこで、注目して欲しいのが正社員登用実績

求人票に「正社員登用あり」と書かれていても、実際に正社員になれた人がいるかどうかは、会社によって違います。

障害者雇用の中には、実際に正社員に登用された人がほとんどいないケースもありますよ。

転職エージェントでは、「正社員登用あり」の求人から、実際にどのくらいの人が正社員になれたか分かるので安心です。

おすすめの転職エージェントは?

おすすめの転職エージェントは業界最大手の下記2つです。

新卒で言えば、上記2つはマイナビとリクナビみたいな存在ですね。

登録も完全無料で、それぞれ5分あれば登録が終わります。

その後、面談などをして自分にあった求人を紹介してもらう流れです。

転職エージェントに複数登録している方のほうが転職に成功するというデータもあるので、障害者枠で安定した企業に就職・転職したい方は両方ともさくっと登録するのがおすすめです。

転職エージェントについてもっと知りたいはこちら
【全て利用経験済】障害者の転職エージェントのおすすめ・評判を徹底解説

他に障害者の給料を上げる方法は?

なかなか給料が上がらないこともある障害者雇用。

障害がある人が収入を得る方法は、障害者雇用だけではありません。

給料以外の収入を得るには、次の方法がありますね。

  • 障害年金をもらう
  • 副業をする

障害者年金を検討する

精神・発達障害の人にとって、仕事と同じくらい大切なのは、支援を活用すること。

そこで、障害者雇用とともに活用したいのが「障害年金」。

支援を受けることは、恥ずかしいことでも悪いことでもありません。

医師の診断書があれば、障害者雇用で働きながら障害年金を受け取れるケースもありますよ。

障害者雇用で働きながら年金をもらうには

障害年金をもらうには、いくつか条件を満たさなくてはいけません。

「障害年金を受けられるかどうか」など、詳しいことが知りたい人は、最寄りの年金事務所または街角の年金相談センターに相談してみましょう。

障害年金について知りたい人は、日本年金機構の公式HPにも詳しい情報があります。

気になることがあれば、下のURLから調べてみて下さい。

精神の障害に係る等級判定ガイドライン

障害厚生年金を受けられるとき

副業をする

障害者手帳があっても、障害年金が下りない人もいます。

そんな人が収入を増やす方法の一つに、副業がありますね。

フリマアプリやフードデリバリーなど、色々な稼ぎ方がある副業。

隙間時間に収入を得られるのは便利ですが、副業はリスクもありますよ。

仕事中のケガや事故にあっても労災が下りないなど、何かあった時の補償がないこともあります。

障害者雇用で働きながら副業するなら、Web上で仕事をする「クラウドソーシング」や「アフィリエイト」などがおススメ。

事故やケガのリスクが少ないし、自分のペースで働けますよね。

ただ、副業で収入を得られるようになるには、時間や手間もかかります。

本業に支障が出るほど忙しかったり、ストレスを溜めるような働き方は危険です。

副業は、好きな事や得意な事を仕事にするといいですよ。

職場以外の世界を持つことで、視野が広がったり、経験を仕事に活かせたりする副業が理想ですね。

まとめ

ある程度、安定した生活を手に入れるためには、

  • 自分の障害を理解してくれる企業
  • 正社員になれる、あるいは正社員になれる求人

を探して安定的に働く必要があります。

そういった企業は、いまのところ大企業に多いです。

まずは自分にあった求人がないかさくっと転職エージェントに登録してみるのがおすすめです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

15 − 5 =