【利用体験済】リタリコ仕事ナビ(LITALICO仕事ナビ)の評判・口コミを徹底解説!料金はかかる?

ネット検索で「リタリコ仕事ナビ」のサイトを見つけたんだけど、どんなサービスなの?

「リタリコワークス」と「リタリコ仕事ナビ」の違いが分かりにくい…

本記事では、

  • 「リタリコ仕事ナビ」の評判や口コミが気になる
  • 「リタリコ仕事ナビ」は安全?
  • そもそも「リタリコ仕事ナビ」って、何なんですか?

という読者の疑問に答えます。

この記事を書いている人/jun
ADHD・高機能自閉症を抱える50歳の主婦です。現在は、障害枠の事務職にて約5年間、継続して働けています。
発達障害の子供もおり、自身の障害や子育て経験をもとに、同じく障害を持つ人に役立つ記事をかければと思っています。

リタリコ仕事ナビは、就労移行支援の最大手であるリタリコが運営している障害者向けの総合サイトです。

  • 障害者求人、就労移行支援、就労継続支援の検索
  • 転職エージェントへの相談

など、どの障害者の人にも利用価値のあるサイトになっていますが、情報量が多すぎて、どのように使えばいいか初見では難しいですよね…。

というわけで、本記事では、実際に利用した体験をもとに、リタリコ仕事ナビの評判・口コミや使用方法まで細かく記載しました

本記事を読めば、リタリコ仕事ナビの全貌が分かるので、興味のある方は是非読んでみてください。

リタリコ仕事ナビの概要

リタリコ仕事ナビは、障害者向けの総合就職情報サイト。

  • 障害者求人の紹介
  • 就職支援の検索
  • お役立ちコラム

など、働きたい障害者に役立つ幅広い情報をワンストップで探せます。

リタリコ仕事ナビは、働きたい障害者に役立つ情報を幅広くそろえたサイトです。

利用方法は全部で4種類!どの段階の障害の方も利用可能

リタリコ仕事ナビは、就労支援と障害者求人どちらの情報も充実しています。

それぞれのメリット・デメリットを比較しながら選べるのがリタリコ仕事ナビの利点。

今すぐ働ける人も働くのに不安がある人も、それぞれの悩みに合わせた支援を探せます。

転職相談・求人紹介 就労継続支援(A型・B型) 就労移行支援
対象者
  • 体調が安定している
  • 今すぐ働ける・早く就職したい
  • 同じ職場で数年間働いた経験がある
  • 一般企業の就職が難しい
  • 配慮を受けながら無理なく働きたい
  • 就職したいが働くのに不安がある
  • いつか一般企業で働きたい
  • 就職したいが長続きしない
収入 一般的な障害者雇用の給与水準 A型=最低賃金は保証される

B型=工賃のみ。最低賃金を下回るケースが多い

無給。在職中は利用できない

 

エージェントに転職相談をする

障害者のサポート実績が豊富なリタリコが運営するリタリコ仕事ナビの転職エージェント。

リタリコ仕事ナビでは、あなたの障害をよく知る専門のスタッフが就職活動をサポートします。

応募書類の書き方や面接の受け答えに問題があっても、自分で間違いに気づくのは難しいものです。

リタリコ仕事ナビのスタッフに、応募書類の書き方や面接の受け答えをチェックしてもらうといいですよ。

不採用が続いて悩んでいるなら、リタリコ仕事ナビの担当者に困りごとを相談してみましょう。

障害者求人を探す

リタリコ仕事ナビでは、障害者求人の中から自分の希望条件に合うものを探せます。

ハローワークの障害者雇用だけでなく、働きやすさにこだわって開拓したリタリコ独自の求人もあります。

勤務地や給料などの条件だけでなく、リタリコ仕事ナビでは受けられる配慮や職場の雰囲気なども詳しく説明

自分の適性や希望条件が合えば、リタリコ仕事ナビの紹介で求人に応募するシステムです。

↓求人情報の下にあるアイコンから、リタリコ仕事ナビの担当者に問い合わせもできます。

就労継続支援を探す

  • 求人に応募しても就職できない
  • 体調面の不安がある
  • 健常者のペースについていけない

など一般企業で働くのが難しい人は、就労継続支援も選択肢に入るでしょう。

一般企業で働くのは体力的に難しかったり、二次障害が悪化しかねない人もいます。

そんな人に働く場を提供するのが就労継続支援の役割です。

お金も大切ですが、健康を損ねてしまえば何にもなりません。

障害と折り合いながら無理なく働けるのは、就労継続支援の良さでしょう。

なお、就労継続支援にはA型とB型があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

就労継続支援A型

就労継続支援の中でもA型は、「障害者が働く場」という意味合いが強い施設です。

雇用契約を結ぶので法律に守られる反面、一般的な就職に近い働き方を求められます。

  • 雇用保険などのセーフティーネットがある
  • 最低賃金は保証される
  • 週20時間以上の出勤を求められる
  • 65歳以上の人は利用できない
  • 就労移行支援と比べて就職に役立つ訓練が少ない

就労継続支援B型

就労継続支援B型は、働く場だけでなく「障害者の居場所」という面があります。

仕事だけでなくレクリエーションもあるので、アットホームな雰囲気の施設が多いようです。

簡単な仕事が多く短時間勤務も認められるので、A型で働くのが難しい人も無理なく通えます。

半面、雇用契約を結べないため、働いても最低賃金以下の工賃しかもらえません。

  • 短時間勤務も可能
  • 年齢制限がない
  • 簡単な仕事が中心
  • アットホームな雰囲気
  • 仕事だけでなくレクリエーションもある
  • 雇用契約を結ばないので法律に守られない
  • 収入は最低賃金以下

就労移行支援を探す

就職したくても、次のような困りごとがある人は就労移行支援に通いましょう。

  • ブランクが長い
  • 働いた経験がない(または少ない)
  • 仕事が長続きしない
  • 働きたいけど自信がない

仕事が長続きしない人や働くのが不安な人は、まずは働く準備が必要です。

仕事で失敗続きで悩んでいても、その原因に自分で気が付くのは難しいもの。

体調が不安定な人や職場に馴染めない人が、あせって就職しても長続きしない人が多いんです。

一方、就職のための訓練を受けた人は、仕事が長続きする人が多いというデータがあります。

定着支援 離職率

参考:障害者職業総合センターNIVR「障害者の就業状況等に関する調査研究」

就職に向けた訓練の中でも、一般企業への就職率・定着率が高い就労移行支援

ただ、一口に就労移行支援といっても、それぞれ特色があり訓練内容も違います。

就職を成功させるには、自分と相性の良い就労移行支援を見つけることが肝心です。

リタリコ仕事ナビを活用して、数多くの就労移行支援の中から自分にピッタリの施設を見つけましょう。

おすすめの利用方法は、転職エージェントへの相談!

リタリコ仕事ナビは色々な利用方法がありますが、一番のおすすめは転職相談です。

転職でやらないといけないことは簡単には言うと、下記の通り。

  1. 求人選び
  2. 履歴書・職務経歴書の作成
  3. 応募したい求人に書類を提出
  4. 書類選考が通ったら面接
  5. 内定
  6. 入社

実際にはこのほかにも

  • 自身の市場価値の把握(年収いくらぐらいを望むのが妥当か等)
  • 面接に向けての対策
  • 企業と面接時間の調整
  • 内定後の年収交渉

など転職活動を本気でやろうとすると、かなりやることが多いです。

しかも多くの転職活動者は現職を続けながら行う場合が多いので、使える時間が少ないです。

転職エージェントはこの作業の一部を代行・またはサポートしてくれます。

時間短縮してコスパよく転職活動を行おうと思ったら、転職エージェントは利用した方がいいですね。

リタリコ仕事ナビの他のメリット

就労移行支援に定評があるリタリコが運営する総合就職情報サイト「リタリコ仕事ナビ」。

主なメリットは下記の通り。

  • 障害者の支援実績が豊富で信頼度が高い
  • ハローワーク以外の求人があり、求人数が多い
  • 求人案件の解説が多く、職場のイメージをつかみやすい
  • 継続支援、就労移行支援の検索もしやすい

就労移行支援の超大手LITALICOが運営しているので、信頼度が高い

リタリコ仕事ナビを運営するリタリコは、障害者支援の実績が豊富なプライム市場の上場企業

見えない障害ゆえ、誤解されることも多い精神・発達障害をよく知る会社でもあります。

「障害者を積極的に活用する会社」として、会社四季報でおなじみの東洋経済新報社でも紹介されています。

東洋経済ONLINE 「障害者雇用率が高い」トップ100社ランキング

ハローワーク以外の求人があり、求人数が多い

就労移行支援の大手が運営するリタリコ仕事には、ハローワーク以外の障害求人も掲載。

リタリコ仕事ナビの担当者から、求人を出す前の人気企業を紹介されることもあります。

条件の良い求人への応募は、早い者勝ちが鉄則です。

リタリコ仕事ナビの会員に登録すれば、一足先に人気企業の求人に応募するチャンスが与えられます。

求人案件の解説が多く、職場のイメージをつかみやすい

応募する企業を具体的にイメージしやすいリタリコ仕事ナビの求人票。

リタリコ仕事ナビに掲載されている求人票はこんな感じ。

  • どんな配慮を受けられるか
  • 自分と同じ障害を持つ人がいるか

など、応募先の企業で受けられる配慮について詳しく書かれています。

さらに、リタリコ仕事ナビでは障害区分別の採用実績も公開。

実際にどのような障害を持つ人が働いているか一目で分かります。

求人に応募するなら、自分と同じ障害を持つ人が働いている職場がねらい目でしょう。

自分と同じ障害の人がいる職場の方が、孤立感を感じにくく働きやすいはずです。

書類選考で落とされる人は、自分と同じ障害の人がいない企業に応募している可能性があります。

リタリコ仕事ナビで障害別の採用実績を確かめてから、求人に応募するのがおススメです。

継続支援、就労移行支援の検索もしやすい

就労継続支援や就労移行支援も探せるリタリコ仕事ナビ。

関連会社のリタリコワークスだけでなく、他社の就労移行支援や就労継続支援の情報も豊富です。

リタリコ仕事ナビのHPから気になる施設を選んで、「もっと見る」をクリックすると施設の詳しい情報が見られます。

リタリコ仕事ナビでは、実際の仕事内容

工賃給料の額を公開。

施設利用者の男女比年齢層も分かるので

家に居ながら、施設の雰囲気をつかめます。

就労移行支援については、施設のタイムスケジュールや実際の訓練内容も詳しく説明。

さらに、主な就職先の情報も公開している施設も少なくありません。

リタリコ仕事ナビで「なりたい自分」に合わせて、気になる施設をピックアップしてみましょう。

リタリコ仕事ナビのデメリット

リタリコの就労移行支援と比べてリタリコ仕事ナビは、まだ始まったばかりのサービス。

下記2つが主なデメリットです。

  • 転職エージェントの対象エリアは関東のみ
  • 最近始まったサービスなので、評判・口コミ数が少ない

転職エージェントが使えるのは、東京・千葉・埼玉・神奈川のみ

障害者の支援サービスが先行したリタリコは、転職エージェントとしては後発です。

現在、リタリコ仕事ナビの転職エージェントを利用できるのは、東京・神奈川・千葉・埼玉の関東エリアのみ

関東に住んでいる人以外は、転職エージェントを利用できないのが残念ですよね。

ただ、働く障害者の増加とともに、リタリコ仕事ナビの対象エリアも広がる可能性はあるでしょう。

最近始まったサービスなので、評判・口コミ数が少ない

Twitterやインスタグラムなどを調べてみても、リタリコ仕事ナビの口コミはなかなか見つかりません。

リタリコ仕事ナビは新しいサービスなので、まだ利用者の生の声がSNSには届いていないようです。

ただ、「就労支援を検索できるサイト」として、日経電子版でリタリコ仕事ナビが紹介されています。

参考:「障害者の就労支援へ新サイト LITALICO開設」日経新聞電子版

リタリコ仕事ナビの運営会社は、障害者支援の実績が豊富な東証プライムの上場企業

始まったばかりのサービスとは言え、リタリコ仕事ナビが怪しいサイトでないことは間違いありません。

リタリコ仕事ナビの口コミ

絶賛募集中です!

リタリコ仕事ナビのよくある質問

まだ利用者の生の声が少ないリタリコ仕事ナビ。

リタリコ仕事ナビの気になるところを調べてみました。

全て無料で利用できるの?

リタリコ仕事ナビの利用は全て無料です。

利用は安全なの?

東証プライムの上場企業が運営するリタリコ仕事ナビ。

リタリコ仕事ナビについては、会社四季報でおなじみの東洋経済新報社や日経電子版でも紹介されています。

法律を守った運営は、リタリコ仕事ナビの規約でも定められています。

第9条(禁止行為)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当し又は該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。

(1)法令に違反する行為
(2)犯罪に関連する行為
(3)公序良俗に反する行為
(4)所属する業界団体の内部規則に違反する行為
(5)他のユーザー又は第三者を誹謗中傷したり、迷惑をかけたり、嫌悪感を与える行為又はそのおそれのある行為
(6)当社、他のユーザー又は第三者の知的財産権等、個人情報、プライバシー権、名誉権、信用、肖像権、その他一切の権利又は利益を侵害する行為(7)本サービスの目的に反する行為その他本サービスの運営・維持を妨げる行為
(8)本サービスのネットワーク又はシステム等に過度の負担をかける行為
(9)本サービスのネットワークに不正にアクセスする行為
(10)他のユーザー又は第三者になりすます行為
(11)第三者に本サービスを利用させる行為
(12)当社が事前に承諾しない形での宣伝、広告、勧誘又は営業をする行為(宗教活動又は宗教団体もしくは政治団体等への勧誘行為を含みます)
(13)他のユーザーの情報を収集する行為
(14)当社が本サービスの運営において必要な範囲で複製、改変、送信その他の行為を行うことが他のユーザー又は第三者の知的財産権等、プライバシー、名誉、信用、肖像、その他一切の権利又は利益の侵害に該当することとなる情報を、当社に送信する行為
(15)本サービスにより利用しうる情報を改ざんする行為
(16)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、右翼団体、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等の反社会的勢力、その他これらに準ずる者を意味します。以下同じとします)の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与し、又は反社会的勢力等と社会的に非難されるべき関係を有する等反社会的勢力等との何らかの交流又は関与をする行為
(17)事実と大きく異なり、独断的・断定的な表現であると当社が判断する内容
(18)前各号の行為を直接又は間接に惹起又は容易にする行為
(19)その他、当社が不適切と判断する行為

どの障害でも利用できるの?

リタリコ仕事ナビは、どのような障害を持つ人でも利用できます。

「精神障害より身体障害が優先」というように、障害の種類による線引きもありません。

ソーシャルスキルトレーニングや就労移行支援のノウハウが生かされたリタリコ仕事ナビ。

リタリコ仕事ナビは、さまざまな障害を持つ人の就職に役立つサイトと言えるでしょう。

在職中でも利用できる?

転職情報や就労移行支援、どちらもリタリコ仕事ナビで詳しい情報を調べることは可能です。

ただ、リタリコ仕事ナビに掲載されている支援の中には、在職中は利用できないものがあります

リタリコ仕事ナビのサポートの中で、在職中に利用できるものと利用できないものは、次の通りです。

エージェント
求人紹介
在職中・求職中どちらも利用可。
就労移行支援 休職中か無職の人のみ利用可。

会員登録などしなくても利用できる?

リタリコ仕事ナビのサイトでは、会員登録しなくても見ることができます。

ただし、転職エージェントの利用は情報入力が必要です。

リタリコ仕事ナビのそれぞれの利用手順

エージェントに転職相談をする

リタリコ仕事ナビの転職相談は、在職中でも休職中でも無料でできます

転職相談の手続きは次の手順に沿って行うだけ。

  1. こちらをクリック。
  2. 当てはまるものを選択します。

  3. 自分の年代を選択。

  4. 今の自分の状況を選択。

  5. 希望の年収を選択します。

  6. 自分の障害種別と手帳の種類を選択。



  7. 住んでいる地域市町村を選択。



  8. もう少しで手続きは終わります。

  9. 名前メールアドレス電話番号を入力すれば手続きは終わり!

選択項目は多いですが、リタリコ仕事ナビの転職相談の手続きは案外簡単。

HPのガイドラインに沿って、当てはまるアイコンをクリックすればOKです。

障害者求人を探す

リタリコ仕事ナビHPの上にあるアイコンの「障害者雇用の求人を探す」をクリック。

希望の勤務地職種を選択して求人を探せます。

リタリコ仕事ナビでは、「未経験OK」「新卒募集」といった、自分の経歴に合わせた求人検索も可能。

「在宅勤務OK」など、希望の働き方から求人を探す方法もあります。

また、障害者雇用では少数派の「正社員求人」もあるリタリコ仕事ナビ。

「障害者雇用=単純作業」という働き方に飽き足らない人は、

「ハイキャリア」「英語利用可能」などの条件でも障害者求人を探せます。

リタリコ仕事ナビでは、さまざまな条件の障害者求人を紹介。

ハローワークの障害者求人だけでなく、リタリコ仕事ナビ独自の求人もあります。

就労継続支援を探す

リタリコ仕事ナビでは、全国の就労継続支援から自分にピッタリの施設を探せます。

  1. まずは、リタリコ仕事ナビHPの上部分にある「福祉事業所で働く」をクリック。

  2. 希望のエリアを選んで
    就労支援 エリア
  3. お住まいの都道府県を選択。

  4. 希望する都道府県の継続就労支援が一覧で表示されます。

気になる施設が見つかったら、「もっと見る」のアイコンをクリックすれば、さらに詳しい情報を見られます。

なお、就労継続支援にはA型とB型の2種類があり、施設によって特色も違います。

従来は単純作業が中心でしたが、「カフェスタッフ」や「ITスキル」など特定の仕事に特化した施設も出てきました。

就労継続支援について詳しく知りたい人は、リタリコ仕事ナビの「施設選びガイド」を見てみましょう。

様々な施設が乱立する就労継続支援の中から、自分に合う施設を探すのは難しいものです。

どんな施設を選べばいいか迷ったときは、リタリコ仕事ナビに相談してみるのも手。

自分にピッタリの施設探しもリタリコ仕事ナビがお手伝いします。

リタリコ仕事ナビで気になる施設をいくつかピックアップしたら、見学に行くのがおススメ。

施設の雰囲気や訓練内容を自分の目で確かめて、比較しながら選ぶのが施設探しのコツです。

就労移行支援を探す

就労移行支援や就労継続支援の情報も充実しているリタリコ仕事ナビ。

まずは、リタリコ仕事ナビHPの上にあるアイコンのうち「就労移行支援を探す」をクリックします。

  1. 希望のエリアを選んで
    就労支援 エリア
  2. お住まいの都道府県を選択。

  3. 選んだ都道府県の就労支援施設を一覧で見られます。

もともと就労移行支援の訓練は、報・連・相など職場のコミュニケーションスキルがメインでした。

ただ最近は、特性を活かしたITスキルなど、より実践的な訓練を取り入れる施設が増えています。

いろいろな施設が増えた分、自分にピッタリの施設を選ぶのが結構大変だったりします。

どの施設を選べばいいか迷うなら、リタリコ仕事ナビに相談して自分に合う施設を探してもらうのもアリでしょう。

気になる就労移行支援が見つかったら、施設を見学して雰囲気や訓練内容を自分の目で確かめて下さい。

リタリコ仕事ナビで候補をいくつかピックアップして、比較しながら自分に合う施設を選ぶのがおススメです。

まとめ

リタリコ仕事ナビは、求人紹介だけでなく就労支援の情報も充実しています。

関連会社のリタリコワークスだけでなく、他社の就労支援に関する情報も豊富です。

今すぐ就職したい人はもちろんのこと、働くのに不安がある人にも役立つサイト。

さまざまな施設が乱立する支援の中から、自分に合うものを探すのは大変です。

就労支援選びに迷ったときは、リタリコ仕事ナビに相談してみるのがおススメ。

自分にピッタリの支援探しは、リタリコ仕事ナビを活用した方がスムーズです。

さらに、リタリコ仕事ナビの力を借りれば、障害があっても働ける可能性は十分あります。

就職で失敗続きでも、適切なサポートを受ければ働ける自分に変われるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fifteen + three =