【当時者が語る】発達障害の障害者枠で働いてるが辛い…どうすればいい?

障害者枠なのに発達障害を理解されず、辛い思いをしている人はいませんか?

とはいえ、定型発達の人には、障害なのか心がけの問題なのか分かりづらいのが発達障害。

必要な配慮や出来る仕事が分からないので、発達障害の人を持て余す職場は少なくありません。

辛い状況を何とかするには、職場と発達障害の人が根気よく話し合うことが大切です。

さらに、発達障害の苦手をカバーする工夫や、集中できる環境を整えることも必要ですね。

ただ、対策や話し合いを重ねても辛い状況が続くなら、仕事が合わない可能性があります。

向き・不向きがハッキリした発達障害の人は、向かない仕事を続けても辛い状況を変えられません。

発達障害の人が辛い思いから逃れるには、自分に向いている仕事に出会うことが大切。

次のエージェントに登録&面談すれば、自分にあう仕事を紹介してもらえます。

>>atGPの登録の流れはこちら

>>dodaチャレンジの登録の流れはこちら

転職エージェントについてもっと知りたいはこちら
【全て利用経験済】障害者の転職エージェントのおすすめ・評判を徹底解説

障害者枠で就職したのに、思うような配慮を受けられない…

発達障害を理解されないと、給料が安いだけの障害者枠ですよね。

この記事では

  • 発達障害の人が職場で辛いと感じる原因
  • 辛くなる原因と対策
  • 仕事を辞めたいほど辛い時の対処法

など、障害者枠で働く発達障害の人の悩みに答えます。

辛い思いを抱えながら働いている人は、この記事を読んで参考にして下さい。

この記事を書いている人/jun
ADHD・高機能自閉症を抱える50歳の主婦です。現在は、障害枠の事務職にて約5年間、継続して働けています。
発達障害の子供もおり、自身の障害や子育て経験をもとに、同じく障害を持つ人に役立つ記事をかければと思っています。

発達障害の障害者枠で働いている方が辛いと感じる原因

発達障害を理解してもらえると思い、障害者枠で働いてみても辛いと感じることがあります。

障害者枠で働く発達障害者が辛いと思うこと
  • 障害者枠は給料が安くて辛い
  • 職場の人間関係が辛い
  • ミスが多い発達障害の特性が辛い
  • 発達障害の特性を誤解されて辛い
  • 障害者枠が社内ニート化して辛い

など、発達障害を理解されず、思うような配慮が受けられないことが辛さの原因です。

発達障害ならではのミスの多さや、障害者枠が社内ニート化する辛さもありますね。

障害者枠は給料が安くて辛い

障害者枠の月収が低めなのは、厚生労働省のデータを見ても明らかです。

  • 身体障害者:21万5千円
  • 知的障害者:11万7千円
  • 精神障害者:12万5千円
  • 発達障害者:12万7千円

参考:平成30年度障害者雇用実態調査

障害者枠の平均月収×12ヵ月=1年分と考えると、同じ年の国民の平均年収以下。

障害者枠で働く人の給料が安いのは、主に次の原因が考えられます。

  • 非正規雇用が多い
  • フルタイム勤務の割合が低い
  • 勤続年数が短い

障害者枠で働く人の収入が低いのは、勤務時間や勤続年数と関連があります。

さらに、「障害者枠=軽作業」というイメージが根強いことも、給料が低く抑えられる理由です。

職場の人間関係が辛い

障害者枠・一般枠問わず、職場の人間関係で悩む発達障害の人は少なくありません。

発達障害の人が人間関係で辛くなる理由は

  • 職場の空気を読むのが苦手
  • 暗黙の了解を理解するのが苦手
  • 会話のキャッチボールが苦手
  • 障害者枠の人が少ない職場では孤立することもある

など、コミュニケーションが苦手な特性によるものです。

ただ、職場でコミュニケーションが取れないのは、障害者枠でもトラブルになりますよ。

職場の人と連携が取れないことで、発達障害の人が辛い立場に立たされます。

ミスが多い発達障害の特性が辛い

忘れやすく幅広い注意を向けるのが苦手な発達障害の特性は、仕事上のミスにつながります。

さらに、周りの環境次第で仕事に集中しづらくなるのも、発達障害の辛い特性です。

発達障害の人がミスを連発して、辛い状況になる理由は次の通り。

  • 「時間の流れ」や「相手の意図」など、抽象的な物事を想像できない
  • 「だいたい」など、曖昧な指示が理解できない
  • 音や臭い、まぶしい光が苦手で集中できない

など、多くの人が当たり前にできても、発達障害の人には難しいことが多々あります。

さらに、発達障害ならではの過敏さで仕事に集中できないことも辛いと感じる原因です。

発達障害の特性を誤解されて辛い

パッと見「障害者」に見えない人が多いので、「努力」や「心がけ」の問題だと誤解されがちな発達障害。

発達障害の特性は、障害なのか性格の問題なのか、一般枠の人には分かりづらいんですよ。

ただ、職場の人が発達障害の特性を理解できないと、どんな配慮をしたらいいか分かりません。

発達障害の人が助けてほしいことと、職場の配慮がズレると、障害者枠が辛いものになります。

障害者枠が社内ニート化して辛い

ミスの多さやコミュニケーション不足が原因で、仕事を与えられないこともあります。

  • 発達障害の人ができる仕事が分からない
  • 「仕事を与えないこと」が配慮だと誤解される

など、発達障害に必要な配慮が分からないので、仕事を切り出せないことが原因です。

特性に合わせた工夫や手順が分かれば、発達障害でもできる仕事はあります。

ただ、得意・不得意の凸凹がある発達障害の人は、仕事の向き・不向きがハッキリ分かれます。

さらに、一口に発達障害といっても、得意なことは人によって違います。

発達障害に合わせた仕事の切り出しや、適材適所の配置は、障害者枠を受け入れる職場には難しいことです。

障害者枠で社内ニート化して辛い人は、こちらの記事もおススメです。

【実体験】障害者雇用が暇すぎるのは本当?社内ニート化したらどうすべき?

辛いと感じる原因への対処法は?

辛い 大祭

障害者枠で働く発達障害の人が辛いと感じることの多くは

  • 収入の低さ
  • 発達障害を理解されないこと

が主な原因です。

辛いときの対処法
  • 障害者枠で収入を増やす方法を考える
  • 自分なりの工夫で発達障害の苦手をカバー
  • 発達障害に理解のある相談先を頼る
  • 職場の人に発達障害の特性を説明する

収入を増やす方法や苦手をカバーする対策で、障害者枠の辛さは随分減らせます。

障害者枠といえども、発達障害の特性をきちんと説明することも大切。

苦手をカバーする工夫と自分の発達障害をきちんと説明できれば、辛い思いを減らせますよ。

障害者枠で収入を増やす方法

発達障害をカミングアウトしやすい半面、障害者枠でネックになるのが給料の安さ。

障害者枠で収入を増やすには、次の方法が考えられます。

  • フルタイムで安定して働く
  • 正社員を目指す
  • 障害年金を検討
  • 副業を始める

フルタイムで長く働くことが、障害者枠で収入を増やす王道です。

さらに、障害年金や副業など、障害者雇用の給料以外で収入を得る方法もあります。

障害年金を受けるには、いくつか条件があります。

詳しくは、日本年金機構のサイトを調べてみてください。

自分なりの工夫で発達障害をカバー

できない自分を責めて辛い思いをするのは、発達障害の人に良くあることですね。

ですが、仕事で失敗しがちな発達障害の特性も、実は工夫次第で結構カバーできます。

出来ない自分を責めて辛い思いをしているなら、次の方法を試してみて下さい。
  • 耳栓イヤーマフなどを活用する
  • パーテーションで区切るなど集中できる環境を整える
  • メモやリマインダーを活用
  • スケジュール管理など苦手なことを見える化
  • タイマーなど活用して時間の流れを区切る
  • ミスは書き出して見える化対策を考える

など、仕事に集中できる環境を整えることが大切です。

さらに、ミスや発達障害の人が苦手なことは「見える化」するのがコツ。

失敗が多いのは、普通の人のやり方が発達障害の人には合わないだけ。

自分を責めて辛い思いを募らせるのは、時間の無駄です。

発達障害に合わせた方法を見つけることに注力しましょう。

発達障害に理解のある相談先を頼る

発達障害の人が職場で辛い思いをしているなら、信頼できる相談先を頼りましょう

辛い思いをしているなら、次の相談先に困りごとを話してみて下さい。

辛い思いを誰かに話すことで、冷静に問題と向き合えるようになります。

コミュニケーションが苦手な発達障害の人が、相手に直接不満をぶつけるのは危険。

職場でトラブルになった時は、ジョブコーチなど間に入ってくれる人が必要です。

辛いと思ったときは、早めに相談するのがおススメです。

ジョブコーチについて詳しく知りたい人は

地域障害者職業センターのサイトを調べてみて下さい。

発達障害の特性を説明するコツ

発達障害を理解してもらうには、職場の人と粘り強く話し合うことが大切です。

職場の人に発達障害の特性を理解してもらうには、「自分のトリセツ」を作って伝えるのがコツ。

  • 苦手なこと
  • 配慮をお願いしたいこと
  • 配慮があればできること
  • 発達障害があってもできること

の順で、発達障害の特性とお願いしたい配慮を具体的に説明しましょう。

配慮して欲しいことは、お願いする表現を心掛けると受け入れられやすくなります。

発達障害の人に切り出せる仕事があれば、他の人の負担を減らせるはずです。

発達障害に配慮することで、一般枠の人にもメリットがあることを必ず伝えましょう。

辛くてもう仕事を辞めたい場合は?

障害者枠 孤独

辛い思いが募って耐えられない時に大切なのは、一人で悩まないこと。

医療機関など、誰かに相談することが何よりです。

本当に辛い時は、二次障害が悪化する前に医療機関を受診することも必要です。

障害者枠の職場で感じるストレスを聞いてもらうだけで、辛い気持ちが軽くなります。

配慮があるはずの障害者枠でも辛い状況が続くなら、仕事が自分に合わない可能性もあります。

出来る・出来ないがハッキリ分かれる発達障害の人は、自分の適性を見極めることが肝心です。

自分に向いている仕事を選ぶ方が、発達障害ならではの失敗や辛い思いを減らせるはずです。

医療機関を受診

辛い気持ちが晴れず、寝付けないなどの症状があれば、医療機関の受診をおススメします。

辛い思いを話すことで、気持ちがスッキリすれば、二次障害が悪化するリスクを減らせます。

たとえ、立派な経歴や資格があっても、体調が安定しなければ意味がありませんよ。

二次障害が悪化すれば、配慮がある障害者枠でも仕事を続けられなくなります。

発達障害の特性に合う仕事を探す

自分に合う仕事に出会えば、逆に強みにもなる発達障害。

逆に、仕事内容が自分に合わなければ、障害者枠でも辛い思いをします。

そのためには、まず苦手なことと出来ることを書き出してみましょう。

「苦手なこと」と「できること」が分かれば、必要な配慮や出来る仕事が見えてきます。

ただ、発達障害の専門書を読んでも、自分を正しくジャッジするのは案外難しいもの。

一人より、相談機関や転職エージェントなど、誰かに相談した方が上手くいきます。

転職したい場合は、一般枠と障害者枠どちらがいい?

障害者枠?一般枠?

発達障害の人が転職するなら、長い目で見ておススメなのは、やはり障害者枠です。

障害者枠は収入面のデメリットはありますが、何より長く働けるのが大きなメリット。

給料が高くても仕事が続かなければ、転職を繰り返して辛くなるだけです。

さらに、一般枠で無理やり頑張り続けることは、体調を崩すリスクもあります。

働く上で健康は、建物の基礎に当たる部分なんですよ。

障害者枠の方がおすすめな理由

発達障害の人に障害者枠がおススメな理由は、次の通りです。

  • 障害者枠の方が安定して長く働ける
  • 一般枠で頑張りすぎると体を壊すリスクがある
  • 発達障害に合わせた配慮をお願いできる

障害者枠の方が安定して働きやすい

障害者枠と一般枠では、定着率に大きな差があります。

発達障害をクローズで就職して、1年後に会社に残っている人は少数派です。

一般就労で障害をオープンにしても、1年後の精神障害の定着率は50%くらい。

発達障害を理解されない職場では、辛い状況から退職する人が少なくありません。

無理な働き方は危険!一般枠×発達障害

見えづらい発達障害の困りごとを説明するのは、自分一人では難しいものです。

特性を上手く伝えられなければ、発達障害の人が周りに合わせるしかありません。

発達障害の苦手をカバーするため、一般枠で過重労働に陥る人もいます。

過重労働を続ければ、二次障害だけでなく脳梗塞や心筋梗塞などの病気もありえます。

脳梗塞や心筋梗塞、うつ病は、どれも死に至ることもある病気です。

悪化すれば、回復に長い時間ががかかったり、深刻な後遺症が残ったりします。

発達障害に合わせた配慮を求めやすい

特性に合わせた配慮をお願いしやすいのは、一般枠より障害者枠です。

発達障害の困りごとは、仕事を始めると表面化します。

見えづらい発達障害の特性は、多くの人にとっては分かりづらいもの。

発達障害の理解を求めるなら、支援につながりやすい障害者枠の方が安心です。

障害者枠は大企業の求人が多い

新卒採用で入社するのが難しい大企業が、障害者枠で求人を出していることは結構あります。

それは、企業には決められた数の障害者を雇うノルマがあるからです。

企業が雇わなくてはいけない障害者の数は、従業員の数に応じて決められます。

さらに、決められた数の障害者を雇っていない大企業にはペナルティもあります。

大企業ほど障害者を雇うノルマとペナルティが厳しいので、障害者枠の人数も増えるんです。

参考:令和3年 障害者雇用状況の集計結果

障害者枠(オープン)か一般枠(クローズ)、どちらにすべきかもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。
【実体験】精神障害・発達障害はクローズとオープンどっちがいい?両方経験した私が徹底解説

障害者枠で転職する場合は、転職エージェントがおすすめ

障害者枠で辛い働き方を避けるには、自分に向いている仕事を見つけることが大切。

収入面の辛さを何とかするには、大企業の正社員を目指しましょう。

ただ、障害者枠でこれらの条件を満たす仕事を見つけるのは、自分一人では困難。

そんな時は、転職エージェントを利用するほうが上手くいきます。

転職エージェントがおすすめな理由

転職エージェントのメリットは

  • 大企業の求人が多い
  • 障害者枠の正社員登用実績が分かる
  • 担当者のサポートがある

障害者枠の中では比較的条件の良い求人が多く、サポートを受けられること。

発達障害の人が自分に合う就職先を探すなら、障害者枠に特化した転職エージェントがおススメです。

大企業の求人が多い

同時に複数の仕事をこなすのが苦手な人が多い発達障害。

発達障害がネックになりやすいのは、一人で何役もこなす少人数の職場です。

多くの人と仕事を分け合う仕組みが整った大企業の方が、向いている可能性があります。

大企業の障害者枠を狙うなら、求人数の多い転職エージェントを活用しましょう。

障害者枠の正社員登用実績が分かる

「正社員登用あり」や「正社員」の求人が多いので、障害者枠でも収入UPを見込めます。

ただ、「正社員登用あり」求人の中には、実際に正社員になれたかどうか分からないケースもあります。

その点、転職エージェントの「正社員登用あり」求人は、正社員登用の本当のところを確かめられます。

担当者のサポートがある

応募書類の書き方や面接の受け答えなどのサポートを受けられるのも転職エージェントの強み。

発達障害の人は、空気を読み違えることが多いので、自分の間違いに気づかないことがあります。

担当者の目を通す方が、発達障害を誤解されず好印象を持たれるようになります。

向いている仕事を見つけやすい

発達障害の人が職場で辛い立場になるのは、仕事が合わない可能性があります。

本当に向いている仕事に出会えば、発達障害の人が辛い思いをしなくて済みます。

ただ、同じ障害でも得意なことが人によって違うのが、発達障害の厄介な所。

さらに、自分の適性を正確に見極めるのは、一人では難しいはずです。

向いている仕事を見つけるには、担当者と二人三脚の方が上手くいきます。

おすすめの転職エージェント

誤解されやすい発達障害の人が、辛い思いをせず働ける就職先を探すなら、障害者枠に強いエージェントがおススメ。

次の大手2社は、障害者枠の求人が充実しています。

・ atGP

>>atGPの登録の流れはこちら

・dodaチャレンジ

>>dodaチャレンジの登録の流れはこちら

求人数が多い分、職種や条件を選びやすいはずです。

転職エージェントについてもっと知りたいはこちら
【全て利用経験済】障害者の転職エージェントのおすすめ・評判を徹底解説

まとめ

障害者枠で働く発達障害の人が辛い感じるのは、収入の低さと職場の人間関係が主な原因。

発達障害を誤解されて辛いなら、第三者を交えて根気よく話し合いましょう。

さらに、ミスを繰り返して辛い時は、発達障害の苦手をカバーする対策を考えてみましょう。

発達障害に合わせたやり方を工夫すれば、苦手なことが出来るようになることが結構あります。

ただ、苦手を補う対策や話し合いを重ねても辛い状況が続くなら、仕事が合わないんでしょう。

発達障害の人の向き・不向きは、生まれつきなので変えられません。

そんな時は、本当に自分に向いている仕事を選んだ方が、辛い思いを減らせるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 + 3 =