障害者枠で働くならプログラミング学習が最強!無料のスクール・就労移行支援も紹介

無料で学べるプログラミングスクールはこちら

プログラミングスクールに通う場合、通常だと最低でも30万はかかってしまいます。

ただ障害手帳をお持ちの方なら、ほとんどの方が無料でプログラミングスクール(就労移行支援)に通えちゃうんです。

無料で学べるプログラミングスクールは障害者枠の転職エージェントの最大手atGPが運営する

ジョブトレIT・Web

がおすすめ。

無料で学べるプログラミングスクールをもっと知りたい方はこちらからどうぞ。

2020年には小学校で必須化されるプログラミング学習。

この記事を読まれてる方は、

「なんだかよくわかんないけど、プログラミングを勉強しとけば障害者枠で有利になるのかなあ…」

と漠然と思っているのではないでしょうか。

結論から言うと、プログラミングを学ぶと

  • 障害者枠で転職を考えている方は転職が成功しやすくなる
  • 障害者枠で在職中の方は給料がアップする可能性大

です。

しかも、障害者手帳をお持ちの方なら、ほとんどの方が無料でプログラミングスクール(就労移行支援)に通えちゃうんです。

現在特例子会社に勤める私自身も、プログラミング学習によって恩恵を受けている一人。

特例子会社に勤める方の約8割が年収250万以下の中、プログラミング学習をしていたおかげで

IT関連の仕事をバンバン任せてもらえるようになり、400万前後の年収までアップ

させることができました。

本記事では、

  • 障害者枠でプログラミングを学習するのが最強な理由
  • プログラミングの学習方法
  • 無料でプログラミングが学べるおすすめのスクール

を解説していきます。

この記事を書いている人
うつ病もちで現在特例子会社に務めています。
会社では主に、ExcelVBAやAccessを用いてシステム構築を担当しています。

障害者枠で働く上でプログラミング学習が最強な理由

障害者枠で働く上でプログラミングを学習すると良い理由は下記の通り。

  • 転職する上で最強のアピールポイントになる
  • 仕事を業務効率でき、給料アップにつながる可能性大
  • 副業でも稼げるスキルが身につく

一つ一つ見ていきましょう。

転職する上で最強のアピールポイントになる

障害者枠の仕事の多くは事務職の仕事が多いです。

障害者の転職エージェント最大手のatGPの掲載求人を見ると全求人773件中、事務職の求人は501件。(2020/08/09時点)

約65%が事務職になりますね。

事務職の仕事は基本的にPCを使いますよね。

実際に応募資格を見ると、下記のように「基本的なPCスキル」と書かていることが多いです。

PCを使った仕事の場合、プログラミングを使って業務効率化できる可能性が非常に高いです。

業務効率化は今どの会社でもやりたいことなので、プログラミンスキルを持っているだけで他の応募者よりも抜きんでれるわけです。

また、現在IT人材がめちゃくちゃ不足しています。


出典:IT人材需給に関する調査(概要)

上記は2019年の経済産業省の調査資料ですが、要は濃い青の部分がIT人材の不足数。

2030年には約45万人の不足が想定されています。

この不足を解消するために、

  • 定年退職するSEの雇用を延長する
  • 元SEの主婦層をテレワーク等で雇用する
  • 未経験の人を教育する(新卒や小学校等でのIT教育等)

等、様々な施策が行われていますが、

その一つに

ITスキルを持っている人を障害者枠で雇用する

というものがあります。

詳しくは下記で説明していますが、障害者用のプログラミングスクール(就労移行支援)が増えているのもこのIT人材不足の背景があるからなんですね。

この流れに乗ってプログラミングの勉強をしておけば、転職する上で大きなアピールポイントになるのは明白ですよね。

仕事を業務効率でき、給料アップにつながる可能性大

現在働いている職種が事務職の場合、給料を大幅に上げるのはなかなか難しいです。

というのも、事務職は売上を直接上げる部門ではないからです。

ただプログラミングを学ぶことによって、事務作業の一部を自動化したり、効率化できるようになります。

プログラミングによって業務を効率化すると、その分だけ人件費が浮くので結果的に売上アップに貢献することができますよね。

プログラミング学習は、事務職でも給料を一気にあげる可能性のあるものなんです。

私の場合は主にExcelのプログラミング言語であるVBAを使って、自分の事務作業を自動化していきました。

すると「あの部署の〇〇はExcelVBAでガンガン業務効率しているらしいぞ…」と評判が広がり、今では会社全体のIT関連の仕事まで任せてもらえるようになり、給料(主にボーナス)が大幅にアップしました。

副業で稼げるようようになる

プログラミングスキルをある程度、学んでおけば副業で稼ぐこともできます。

例えば、一番学習しやすいWEb制作の場合、1HPを作れば月低くても5万程度は在宅で稼ぐことができます。

Web制作に必要なスキルはHTML・CSS・PHP・ワードプレスですが、これは本気で集中すれば在職中でも3~4か月あれば学習することができます。

給料が低くなりがちな障害者枠の場合でも、+5万で副業で稼ぐことができればかなり大きいですよね。

しかも副業で稼げるようになって本業にしたいなあと思ったら、転職もできるのでかなりコスパのいい学習ですよね。

プログラミングの学習方法は?

プログラミングの学習方法は大きく2つあります。

  • 独学で学ぶ
  • スクールで学ぶ

一つ一つ見ていきましょう。

独学で学ぶ

スクールで学ぶ

プログラミング学習は年齢は関係あるの?

一般枠からSEを目指す場合に、プログラミングのスクールに通って就職をあっせんしてもらうケースがあります。

そういったプログラミングスクールの上限年齢は30歳であることが多いです。

実際にSEで務める友人の話でも30歳が未経験でも転職できる年齢だそうです。

ただし、これは一般枠の場合。障害者枠の場合は状況は違ってきます。

最近増えきているプログラミングを学べる就労移行支援の募集要項を見ると、たいてい

「ITに興味のある18歳~65歳」

と募集要項に広く書いています。

また、実際にWeb制作系の就労移行支援にプログラミング系の職種に就くのには障害者枠だと年齢の上限がありますか?と聞いたところ、そんなにないという回答が返ってきました。

障害者枠を行っている企業の目的は、法定雇用率を達成することが一番の目的です。

とはいえ、そんな中でもより良い人材を欲しいのは企業側の立場になって考えたら当然ですよね。

言い方が悪いですが、障害者枠の方は一般枠より優秀な人材が少ないです。

なので、少々年齢が高くてもプログラミングスキルのある障害者であれば企業も雇いたいわけです。

なので、一般枠と同じ30歳よりも高年齢でもプログラミングを学ぶ価値はおおいにあります。

ちなみに私が聞いた就労移行支援では、今回40歳でもWeb制作の会社に転職が決まったそうです。

もちろん年齢が高まるにつれて、求められるスキルが高くなるのは一般枠と同じですが、

IT人材が圧倒的に不足している+障害者枠でエンジニアが少ない

という現状を見ると、一般枠よりもエンジニアになるのが簡単かもしれないですね。

障害者だと無料でプログラミングを学べる

一般枠の場合、未経験からプログラミングを勉強する場合プログラミングスクールに通うのが大半だと思います。

ただ、プログラミングスクールって高いんですよね…。

投資という意味で考えたらめちゃくちゃ費用対効果は高いんですが、それでも結構高い金額です。

それがなんと障害者枠の場合は無料で学べちゃうんです。

それが就労移行支援の存在です。

就労移行支援とは下記の通りです。

なので、技術を学びながらしかも仕事のあっせんもしてくれるなんて最高ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 1 =